2005年08月13日

日射病の儀式・・・

二泊三日の家族旅行で
「愛・地球博」を巡る旅に行ってきました。
もやしっ子生活な毎日のクセに、
一日中炎天下にいたもので、
まんまと日射病になりました。(ほんのり)

日射病と言えば、昔ちっちゃい頃、ウチでは日射病になると
ばあちゃんによっていつもある儀式が行われた。

その儀式とは庭に座らされて、頭に(よくベトナム人がかぶるような三角の)笠を
被せられて、頭から水をかけられるというもの。その際ばあちゃんがよくわからない
呪文を唱えながら水をかけるんだけど、なんとも言えない恐怖(笑)
イメージ的には「八つ墓村」で。
しかし不思議なことにその儀式をするとすぐに具合が良くなるのです!
ウチの兄弟はみんな体験済み。
恐るべし、ばあちゃん!
お母さんに、「あの呪文って何言ってたの?」と聞いたんだけど、
「さぁ〜、誰にも教えなかったんだよ」だって!
ますます恐るべし、ばあちゃん!
ま、魔女??

死んでしまった今、誰も呪文を知るものはいない・・・・
(お盆なんでオカルト風味)
posted by なお at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。