2006年05月08日

がんばれ毒島さん!

友達とご飯を食べていて、なぜか名字の話になったとき

「そういえば「ぶすじま」っていう名字の人がいるらしいよ!
しかも「毒島」って書くんだって〜」

と友達がにわかには信じがたい話をしだした。
なんとパンチのある名前なのでしょう。
毒の島と書いてぶすじま!そこに悪意すら感じます。

自分が毒島だったらどうするか。はたまた
好きになった人が「毒島」だったら結婚できるかということを
語り合ったのだけど、ちょっと決心出来なかった・・。
ごめんねダーリン。

でもいくらなんでも「ぶすじま」なんて名字あるの?
と半信半疑だったんだけど、調べてみたらホントにあったよ!!
しかも普通のテンションで「毒島博士」とか「ストッパー毒島」とか
「毒島さーん」とか普通に当たり前の日常のように語られてるのを見て、
なんだかホントにごめんなさいという気分になりました。

世の中の毒島さんたちは強く生きていっているのにもかかわらず
結婚できないかもだとか家から出れないだとか私ったら超失礼!
全くもってけしからんですよ!

しかし世の中には不思議な名前が沢山ありますよね。
なんでわざわざそんな名前を付けるのか?!
昔の罰ゲーム的なものなのかなぁ。謎。



posted by なお at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。